ソイルセメントコラム(柱状改良)工法は多数の柱にて支持地盤を強化する工法です。スピーディーで騒音振動が小さく、発生残土も少なく、狭小地域での施工が容易です。

エイチ・ジー・サービス株式会社
エイチ・ジー・サービス株式会社 HG Service on the WEB 建物の地盤対策で安心を約束する
ホーム
会社情報
営業案内
プレコンサンドパイル工法
アルファフォースパイル工法
RES-P工法
ソイルセメントコラム(柱状改良)工法
液状化対策工法
表層改良工法
傾斜建物の修正
工法選定フロー
工法比較テーブル
施工機械
採用情報
アクセスマップ
お問合せ
リンク
お問合せ
地盤調査/地盤改良・補強 043-290-0112
沈下修正 0120−84−7030



営業案内
ソイルセメントコラム(柱状改良)工法
 
ソイルセメントコラム(柱状改良)工法概要
 
ソイルセメントコラム(柱状改良)工法説明図 ソイルセメントコラム(柱状改良)工法とは?

ソイルセメントコラム(柱状改良)工法の施工後のイメージ図セメント水の混合財(スラリー)を現地の土と混合攪拌し、多数の柱状態を造成し支持地盤を強化する工法です。

 
ソイルセメントコラム(柱状改良)工法の特長
 
  1. スピーディーな施工で工期を短縮。

  2. 狭小地域での施工が容易にできます。

  3. 施工時の騒音振動が小さい。

  4. 発生残土が少ない。
 
ソイルセメントコラム(柱状改良)工法施工方法
 
ソイルセメントコラム(柱状改良)工法施工方法の図 1 ソイルセメントコラム(柱状改良)工法施工方法の図 2
     
設置完了   セメントと水の混合財を噴射しながら、攪拌翼を回転し設計深度まで原位置土を混合財を攪拌します。
     
ソイルセメントコラム(柱状改良)工法施工方法の図 3   ソイルセメントコラム(柱状改良)工法施工方法の図 4
     
攪拌翼を引き抜きながら再攪拌します。   施工後、約二日で柱状態が固化し、良好な支持地盤になります。
ページのトップへ